なみき合同探偵 千葉は、浮気調査に自信があります。離婚や浮気に関するご相談から弁護士の紹介まで総合サポート。

離婚をする時に、最初に考えるのはお金のことです。
離婚では、慰謝料、財産分与、養育費といった離婚給付金と呼ばれるお金があります。
この離婚給付金の中で、これから離婚をしようと考えている人が気になるのが、慰謝料ではないでしょうか。

慰謝料とは、肉体的苦痛、精神的苦痛を受けたことに対して損害を賠償するもので、一時金や和解金といった表現もされます。
原則、有責配偶者(離婚の原因を作った配偶者)から支払われるものであり、有責配偶者からは請求することは難しくなっています。

他の離婚給付金で、財産分与は夫婦が共有していた財産を分配してお互いが受け取り、養育費では、
子供の養育をする側の親が有責配偶者など関係なく受け取ることが出来るお金です。

これら離婚給付金のことで、離婚をする際に話し合いをするのですが、協議離婚をする場合に、
口約束だけで離婚給付金の金額や支払い期限を設定するといった人もいますが、必ず離婚協議書などの文書で内容を記録することが大切です。

なぜなら、過去に離婚をした後、離婚給付金の支払いが行われなかったということがおこっており、
こうしたトラブルを防ぐためにも、法的な強制力を持った公正証書で離婚条件を記載しておくことが必要になるのです。